【MT25】2020年式 セルフオイル交換やり方

今の時代、自分で簡単にオイル交換は簡単にできてしまいます。

この記事を見たのをきっかけにセルフでオイル交換してみませんか?

バイクによって多少は異なるものの、ほとんどは一緒です。

今回はMT25の2020年モデルのオイル交換に関することをご紹介したいと思います。

どれぐらいの頻度ですればいいのか

全排気量
走行距離で言えば3000km~5000kmぐらいを目安に交換を
時間で言えば半年から1年ぐらいです。
オイルフィルターは9000km~1万kmで交換するのがよいとされています。

費用は?

飛び込みでバイク屋さんにもっていった場合
   50cc:1000円~1500円以上
125cc以下:1500円~2500円以上
400cc以下:2000円~4000円以上
401cc以上:3000円~6000円以上
+オイルフィルター清掃:約1000円
250ccのMT25を購入したバイク屋さんに出して
6000円(オイル交換+フィルター交換)
所要時間は混んでいたので2時間かかりました。

セルフの場合
オイル代 4L  約2500円(バイクによって必要な量は違う)
オイル処理の箱  約500円
ドレンワッシャー 約200円
オイルフィルター 約1000円(交換する場合)

所要時間は?

お店の場合
約30分~1時間ぐらいです
自分でやった場合
約40分

必要なもの

お店の場合
必要なもの基本的にはありません。
ですが。 お店に頼む際は事前に電話で確認を!
セルフの場合
オイルジョッキ
廃油処理の箱
オイル        MT25の場合 約2L
ドレンワッシャー   M12x20厚さ1.5
4mm六角レンチ
12㎜ボルトレンチ
パーツクリーナ(無くてもいいですかオイル汚れを簡単に落とせます)
汚れてもいいタオル(オイルを拭くよう)
オイルフィルターレンチ(オイルフィルターを交換する場合


↓ここからMT25のオイル交換方法↓

必要なものがそろったら

約3分間エンジンをかけます

オイルを温めて廃油をスムーズにできます

アンダーカウルを外す

画像の矢印部分の2か所と反対側も合わせて計4か所を
4mmの六角で外していきます

外れたらこんな感じです

オイルキャップを外す

ドレンボルトを外してオイルを出す

ドレンボルトの下に廃油処理BOXを置きます。
ボルトを緩めるとオイルが勢いよく出てきます!
なのでドレンボルトを外すときは車体側にボルトを
押し付けながら緩めましょう!ボルトを取るときは素早く!
オイルは熱くなってますので火傷に注意
出し残しがないように車体を左右に数回、 傾けましょう。

オイルフィルターを交換する場合は

オイルフィルターレンチで外す(反時計回りに回すと外れます)
オイルフィルターの外側が変形するぐらい思いっきり回し下さい。
変形しても新しいものに変えるので問題なしです。
注意点
外したらオイルが出てくるので廃油BOXを下に置いておく!

古いオイルを出し切ったら

ドレンボルトをつける部分の汚れをを拭きます。
新しいドレンワッシャーをつけてドレンボルトをつける
しっかりと締めないとオイル漏れの原因になります
古いのは凹んでいて、新しいのは凹みがありません

オイルフィルターをつける(オイルフィルターを交換した場合)

オイルを矢印の断面に塗ります
量は指に少量つけて塗る程度です

オイルを入れる

手で反時計回りに緩めてオイルを入れます
オイルを入れ終わったら、 オイルキャップを締めましょう
オイルを入れる量はこのメモリを見てください量でいうと約1.8L
場所はオイルキャップの左斜め下にあります。
メモリを見る際はバイクを水平に立てて少し待ってから見ましょう

エンジンをかける

バイクのエンジンをかけてオイルを循環させます
この時にオイル漏れがないかチェックしましょう!
オイルフィルターを交換している場合は
オイルフィルターにオイルが行きわたるのでその分の
オイルをつぎ足します!
入れすぎないようにメモリを確認しましょう!

最後は片づけをして廃油BOXをインシュロックで
縛っておしまいです、

お疲れさまでした!!

必要なもののリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。