ちょっと意識するだけでみんな好かれる方法

一人でいるときに誰も話かけてくれない

もっといろんな人とはなしたい

どういう話題で話しかけたらいいかわからない

そんな方がいましたら、 この記事の内容を意識するだけで
超簡単に解決できると思います!!

研究データなど科学的な根拠などに基づいて
簡単になるべくわかりやすく解説していますので
最後まで読んでいただければ幸いです。

機嫌が良さそうでいる

話しかけられやすい人と話しかけられにくい人の違いはかなりシンプルで
それは、 機嫌が良さそうに見えるか否かという点です。

例えば

大勢がいる同窓会やパーティーとかの中で
みなさんが一番に話しかけたくなる人は
笑顔で機嫌が良さそうな人じゃないですか?
なので機嫌が良さそうに見えるかどうかは重要なんです!

機嫌が良さそうに見えるには?

相手の目を見て、 ちょっとはにかんで、 リアクションをいつもの倍ぐらいに
して話しかけてくれオーラを積極的に出していくことを意識していきましょう。

相手の目を見るのが怖い人は?

という方は、 眉間の間を見つめる
顔全体をぼんやり見つめるだけでOKです。

欠点を晒す

優秀な人の周りには人が集まりやすいけど、自分は持たざるものだから人が集まらないんだ
という人が居ますが全然そんなことはありません!
みなさんの周りにいる愛されている人って必ずしも何もかも完璧な人たちでしょうか?
むしろ、 ダメな部分を売りにしている人ではないでしょうか?
身長190CM 容姿端麗なスタンフォード大学の人が現れたら誰だって萎縮して話しかけずらいですよね。

こんな人はダメ

相手に舐められないよう、 優秀に見られようとして、 
最初から「自慢話」「武勇伝」を語ってしまう人が居ますが、 
それはむしろ、 あなたを話しかけずらい存在にしてしまっているんですね。

つまり

だから話をする際には「失敗談」を多めにして欠点を多くした方が
親しみや愛嬌が生まれて、 人間的な魅力につながります。

アドバイスシーキング

アドバイスシーキングとは相手からアドバイスをもらうことです。
人間は基本的に自分の得意分野について質問されたとき、 気分よくアドバイスしたくなる生き物なんです。

例えば

自分の大好きなものの質問をされた時、 テンションが上がりますし饒舌になりませんか?
なので、 わからないことを聞いたり、頼ったり相談したりしていると
自分の好きなことについて話している感情とその話し相手も顔がリンクして
いつの間にかこの人と話していると、 楽しいなと相手に思わせることができます。

これはダメ!

相手の時間を奪いすぎると迷惑になると思うので、
最高でも1日5分程度の労力になるくらいを基準に教えを乞うといいと思います。

自己開示をする

社会心理学者のゲイリーウッドさんの研究で、 心理的な距離は話題の深さに依存することが判明してます。
「今日はいい天気だね」程度の会話をしていては、 いつまで経っても仲良くなれません
ですが初対面でも、 ちょっとディープな話をした場合は
すぐに人間関係が親密になったっていう方は多いのではないでしょうか?

ディープな話題とは?

1 お金と健康に関する心配事
2 自分がイライラしてしまうこと
3 人生で幸福になれること、楽しいこと
4 自分が改善したいこと(体型 性格 なんらかのスキル)
5 自分の夢 目標 野望など
6 自分の性生活に関すること
7 自分の弱点やマイナス面
8 自分が怒ってしまう出来事について
9 自分の趣味や興味
10恥ずかしかった体験 罪悪感を覚えた体験
以下の10個の話題となっております。

つまり

この話題のうち3つぐらいは鉄板トークとして持っておいて
これをネタにお互いに自己開示していくと、 どんどん関係が密になっていきます。
恥ずかしかった話などをすると、 欠点を晒すことになるので
短期間で相手と仲良くなれるかもしれません。

自分から話しかける

話しかけてほしいなっと思っている人はこの世の中8割で
残りの2割の人が話しかけている側の人です。
つまり多くの人は話しかけてもらいたいと、思っている側なので

2割の話しかける側に回る

ことが出来れば人に好かれやすくなるわけです。
周りの人に気を配ってニコニコしながら色々と声をかけている人って、たまに居ますが
そういう人って友達が多くて話しかけられやすい人でもあると思います。
では、 どのように相手に話しかければいいのでしょうか?

簡単な方法

相手の変化に気付くという方法です。
例えば「なんか今日楽しそうだけど、 いいことでもあった?」「髪切った?」「そのカバン可愛いね」など
相手のちょっとした変化に気付いてあげると相手も自分を見てくれている人が
いるんだと、 承認欲求が満たされるので「もっとほしい!」っと
懐いてくれるはずです。

会話中にスマホを見ない

会話中にスマホを見たりする行為のことを
phone(携帯)とsnubbing(冷遇)の造語でphubbing(ファビング)っといいます。

何がいけないの?

人間関係を最も壊す行為の1つがこの行為だと言われてます。
自分が真剣に話しているのに相手が携帯を見ていたら嫌ですよね!

phubbing(ファビング)の定義とは?

手に携帯を持っていたり、机の上に置いていたり、通知音が来ただけで
ファビングになってしまうのです。

ファビングの研究

日常の中に相手のファビングで嫌な気分になった経験がある人は46%
ファビングが元で人間関係に問題が起きた経験がある人は23%
相手のファビングによってメンタルが悪化した経験がある人が37%
という結果が出ています。

つまり

やっている側からすれば悪気はないのですが、
やられた側はものすごく嫌な気分にさせるのがファビングです。

逆に嫌われたい相手には

積極的にファビングしていきましょう
そうすれば相手に嫌われること間違いなしです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。