【保存版】睡眠の質を上げてくれる食べ物3選

ちゃんと寝たのに疲れがとれない!

しっかり寝たいけど、 睡眠導入剤を使うのは抵抗がある!

次の日大事な用事があるから、 しっかり寝たい!

そんな方に、 おすすめ!
睡眠の質を上げれる食べ物を紹介したいと思います。

本当に紹介されたものを食べただけで睡眠の質を上げれるの?
って方もいるかと思います。

色々な研究データなどをもとにしています。

この記事を読んで睡眠の質を高めていきましょう!

一つ目の食べ物は、

目次(クリックすると自動で飛べます)

キウイフルーツ

台北医学大学の研究で睡眠障害を抱えた男女24人を対象に30日間にわたって行われた実験で、 睡眠薬など様々な睡眠を助けるものを被験者に試し睡眠時間の長さや眠りにつくまでの時間を計測した結果

キウイフルーツ食べた場合には平均して13%も長い時間眠ることができました。
さらに、 入眠までに要した時間も35%ほど短縮されました。
筆者もほぼ毎日、 就寝前に食べています
そのおかげでキウイフルーツ食べた日は快眠でき、 目覚めの用意 朝を迎えれています。

炭水化物

これは意外かもしれませんね!
実は、 炭水化物を抜くと
毎晩本人が記憶していない覚醒が何度も起こりえることが判明しています。
これにより睡眠の質を下げてしまいますし
日中のパフォーマンスも大きく低下してしまいます。
さらに、 高血圧 心疾患 2型糖尿病 認知能力の低下
原因になってしまいます。
炭水化物をゼロにして資質を栄養源とするケトーシスダイエット
いわゆる糖質制限ダイエットをしている人は一晩に、少なくとも10回程度
認知も記憶もないまま覚醒していることが判明しています。
その代わり、 本人が唯一自覚していたのは
朝、 目覚めたらひどい気分だった。
ということだけだったらしいので、
糖質制限ダイエットはデメリットが大きいです!!
糖質制限ダイエット以外にももっと簡単ダイエット方法が→こちら←です

塩分

夜中に目が覚めてしまって、 その後 眠れないなんてことはありませんか?
夜中に目が覚めてしまう人は夜2時~4時の間に目が覚めてしまう人が多くて、
なぜこのようなことが起きてしまうかというと
アドレナリンの分泌が夜中の2時~4時の間にピークになっているからです。
その解決方法が塩をなめればよいと言われてます。
具体的には舌の裏側から塩をゆっくりと吸収させると
深夜覚醒した状態からスムーズに睡眠に戻ることができます
なぜかというと
塩分は副腎のストレスを和らげることができるからです。
副腎のストレスが和らぐと、 アドレナリンの分泌量が抑えられます
これにより覚醒から睡眠へと移行しやすくなります。
歳を取って朝、 早くに目覚めてしまうようになってしまった方々
翌日に大事な用事がある日でいつも夜中に目覚めてしまって眠れないという方は
枕元に塩を置いて寝てみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。