勉強の時に使えるアイテム5選

勉強をするときに集中ができない!
少しでも楽に勉強をしたい!
快適に勉強したい!
そんな方におすすめしたいアイテム5選

ブックスタンド

参考書を開きながらノートを取りたい時ありますよね、 でも本って手で押さえておかないとすぐに閉じてしまって集中力が低下してしまいます。
そんな方にお勧めしたいのがReodoeerのブックスタンドです。
コンパクトに折りたたみが可能で6段階の角度調整ができ、 読書や勉強に役立ってくれて肩こりや眼精疲労を軽減してくれます。
本を立てることで机の面積を広く使うことができます。
本やメモを見ながらのパソコン入力といった使い方もできます。
キッチンでレシピ本を見ながらの料理も可能にしてくれるので、 学生や主婦など幅広く活躍が期待できます。

観葉植物

ノルウェー大学の研究で机の上に植物を置くことで、 働く人の集中力が上がることがわかりました。
研究では観葉植物が飾られたオフィス空間でテストを受けるグループと、 なにも飾られていないオフィス空間でテストを受けるグループの2つもグループに分けて注意力が必要なテストをした結果。
前者のグループは1回目よりも2回目の方が成績が上がり、 後者のグループは特に変化はありませんでした。
この結果、 研究者は植物には、注意力を回復させる効果があるとしています。
したがって勉強中に計算ミスなどが多いことに悩んでいる方や注意力が散漫になりやすい方は植物を買ってきて机の上に置くのがおすすめです。
おすすめの観葉植物はゴールデンポトスです
週に1回お水を上げるだけで元気に育ってくれるので手入れが楽で、 コスパもいいです。

タイムロッキングコンテナ

スマホなどを時限ロック式の箱に入れることによって強制的にスマホを禁止できるというアイテムです。
勉強の大敵はスマホです!!
カリフォルニア大学の研究で被験者800人を対象とした研究でスマホの電源を完全にオフにした状態で認知能力を測るテストを実施し被験者を3つのグループに分けました。
1つ目はスマホを机の上に置くグループ
2つ目はスマホをポケットかバックに入れておくグループ
3つ目はスマホを別の部屋に置いておくグループ
その結果最初の2つのグループに関してはスマホがそこにあるだけで認知能力が著しく下がり、 睡眠不足と同程度の認知能力の低下を引き起こすことがわかりました。
スマホは勉強時間を食うだけではなく、 存在するだけで集中力を削ぐことがわかりました。
利用時間の制限する機能を使えばいいのでは? と思う方もいるかもしれませんが、利用制限の機能はキャンセルすればすぐに解除できてしまうので、物理的にスマホを使えなくできるタイムロッキングコンテナが最強となります。

ストップウォッチ付き腕時計

早稲田主席の方もおすすめする勉強法で10分休憩勉強法という任意の時間勉強して、 疲れたら10分間集中的に休憩するという勉強法で繰り返すことで永遠に集中できるというサイクルを確立した勉強法です。
その勉強法で欠かせないのがストップウォッチ付き腕時計です。
スマホのタイマーを使ってしまうと、 必ずと言っていいほどSNSなどを開いてしまうので、 時間を測る機能以外搭載なにもされていないシンプルな腕時計が勉強効率を上げてくれます!
さらに過去問演習の際にも時間を計測することは必須になってきます。

耳栓

勉強中に周りの雑音が気になって集中が出来なかったという経験をしたことありませんか?
結論から申しますと雑音がある環境で勉強すると集中力は半減します!!
ウェールズ大学の研究で被験者を3つのグループに分けて認知テスト行いました。
1つ目は自分の好きな音楽を聴きながらテストを受けるグループ
2つ目は自分の嫌いな音楽を聴くグループ
3つ目は完全に無音のグループ
その結果最もテストの結果がよかったグループ3つ目の無音状態で作業したグループでした。
一方でBGNを聴いたグループはどちらも成績が50%もさがってしまったんです!
作業中に自分の好きな音楽を流してもパフォーマンスは低下したんです。
好きな音楽を聴くと気分が上がってパフォーマンスが上がった気がするんですが、 実際には好きな音楽を聴いたとしてもパフォーマンスは低下してしまうんです。
したがって勉強中に聴きたくもない雑音なんてもってのほかで勉強効率を50%以上も下げる結果につながってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。